初めての落語

ヨセゲー#36にお越し下さいまして誠にありがとうございます。
初めてお越しになったお客様もいらっしゃったみたいで嬉しい限りです。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

本日は18時から横浜にぎわい座で「名作落語の夕べ」に出演いたします。
僕は「東の旅〜発端」をやります。
前口上からやるのは何年ぶりだろう!?
こちらも宜しくお願い申し上げます。

初めての場所

「ざま昼席落語会」にご来場下さいまして誠にありがとうございました。

最近だんだん「落語初心者」が多くなりました。
寄席でも落語会でも、今日初めての落語です!というお客様が増えた。
これは嬉しいことです。
ご常連ももちろん大事ですが、僕らも商売ですから。
新規のお客様もありがたい。

二ツ目の人気が出てきた今でも「落語は敷居が高い」とまだまだ思われているようです。
「お年寄りが多い」「ツウなおじさんに偉そうに説教されそう」
そんなことはないんですがね。
最近は若いお客さんも多いですし。
ちなみに15日まで浅草演芸ホールに出ています。
昼の部です。
是非覗いてみて下さい。

当日でも

「ヨセゲー#35圓右噺」にご来場下さいまして誠にありがとうございます。
これで柳家小蝠追悼も一区切りです。
本日はこれから(14時開演)「ざま昼席落語会」があります。
毎月やってる落語会みたいで、200回を超えてます。
初めての場所で楽しみです。
会場はハーモニーホール座間
お近くの方は是非!
当日900円です。
ちなみに前売りは800円なんだそうです。

寄席

明日はヨセゲー#35(圓右噺)があります。
ヨセゲーとは寄席芸をカタカナにしたものです(今さら説明しないでもいいですね😅)。
当初は9人で始めたんですが、3人が辞めちゃいまして…まさか1人が亡くなってしまうとは思いもしませんでした。
その柳家小蝠がどうしてもやりたかった企画です。
僕は彼の替わりに「くず湯」をやります。
19時から。前売り1,800円です。
当日でも、里光のブログ見た!で前売りになります。
宜しくお願い申し上げます。

曙橋

昨日は「オリーブ」にご来場下さいまして、誠にありがとうございます。

フラメンコギタリストの方が身近にいることは中々ないので、僕も楽しめました。

僕の出囃子である「おかめ」も弾いて下さいました。

 

今後の予定です。

2月26日(月)しのばず寄席 お江戸上野広小路亭 12時35分

     (主任:三遊亭好楽)前売り1,500円、当日2,000円

 27日(火)しのばず寄席 お江戸上野広小路亭 17時30分

       (主任:三遊亭遊之介)前売り1,500円、当日2,000円

3月1日~5日 お江戸上野広小路亭3月上席前半 13時00分

  (主任:三遊亭遊吉)前売り1,800円、当日2,000円

 8日(木) ヨセゲー#35(柳家小蝠プロデュース「圓右噺の会」)19時開演

    前売り1,800円、当日2,000円

 10日(土) ざま昼席落語会 14時開演

    前売り800円、当日900円

 11日~15日 浅草演芸ホール3月中席前半・昼の部 (主任:笑福亭鶴光

    11,12,14日14:55  13,15日12:15 

    大人2,800円、学生2,300円、子ども1,500円

 

寄席の場合は僕の出演時間を書いております。

宜しくお願い申し上げます。

 

結果的に

20日まで新宿末廣亭の夜の部に出ておりました。
時間は17時15分。
この時間は一番お客さんが少ない。
昼夜の入れ替えが無くても帰ってしまいますしね。
また仕事をしてる人はこの時間には来られない(ここでの仕事とは通勤電車で通う一般的な会社員等という意味です)。
昼の部から残ってる人プラスαという感じでしょうか。
なんかお客さんも一番疲れてる頃なんでしょう、最初からウトウトしてたりする。
人数が少なくて空気が「停滞」してると、あまり声に出して笑わない。
そりゃそうでしょう、逆の立場だったら僕だって笑わない。

あまり夜の部に出たことなかった僕は、やっと気が付きました。
こんな時に無理に笑わそうとしても無駄(却ってドツボにハマることも)。
やりたい噺を普通にやるのが一番。
結果その方がウケたりする。

そうはいうものの、ね…


本日は19時より都営新宿線「曙橋」近くのお店「オリーブ」で落語会です。
フラメンコギタリストとの共演です。
是非お越し下さい。
お待ちしております。
1ドリンク付2,500円です(前売り)。
コメント下さい。
f:id:rikostei:20180223012712j:plain

追悼企画

昨日は『ヨセゲー#34』にご来場下さいまして誠にありがとうございます。

次回は来月の8日です。

らくごカフェで19時開演、前売り1,800円は同じ。

僕は出演の予定はなかったんですが、柳家小蝠の代わりに「くず湯」をやることになりました。

実は#35は彼のやりたかった企画『圓右噺』だったんです。

彼が大好きだった3代目三遊亭圓右

その圓右師匠の得意にしてた噺を特集します。

追悼を引っ張るつもりでは決してないのですが、結果的にそうなってしまうかも・・。

お時間ございましたら是非お越し下さい。

お待ちしております。